右脳で構想し、左脳で設計する。

ビジネスにもっと想像力を。

企業、金融機関、行政機関、教育機関の架け橋となる
時代の少し先を行くコンサルティングファーム

事業について

「フィールド・デザイン・ネットワークス」は、
企業、金融機関、行政機関、教育機関をつなぐ“架け橋”となり、
社会に新たな価値を提供します。

地域活性化

どんな地域にも、歴史、風土、文化に育まれた「固有の価値」が存在し、それらを受け継ぎ、育む人々がいます。私たちは、地域固有の価値の再興と、地域の人々が主役になることにより、地域活性化を実現します。

<業務内容>
新規プロジェクトの企画、および研修、教育
・海外展開支援(インバウンド戦略
・産官学金連携の企画策定支援
・地域活性化政策の企画策定支援

環境ビジネス

環境価値の定量化が求められる環境ビジネスは、どうしても論理的思考に陥りがちです。私たちは、敢えて環境を前面に押し出さず「かくし味」とすることで、人々の「感性」を刺激し、収益を創造するビジネスへと変えます。

<業務内容>
新規プロジェクトの企画、および研修、教育
・経営戦略の企画策定支援(含む、実施フォロー)
・マーケティング戦略の企画策定支援
・環境政策の企画策定支援

途上国ビジネス

CSRやBOPビジネスは、開発途上国の人々には好まれません。私たちは、ビジネス的な視点から開発途上国の様々な課題に対し、現地の人々と連携することで、「リバース・イノベーション」を実現します。

<業務内容>
新規プロジェクトの企画、および研修、教育
インバウンドの為の地域企業の海外展開支援
・海外戦略の企画策定支援(含む、実施フォロー)
・マーケティング戦略の企画策定支援
・海外提携先の紹介(M&Aを含む)

強み

新興国、開発途上国における豊富なビジネス経験とネットワーク

  • 世界100カ国以上のネットワーク
    人材開発系のコンサル会社アイ・シー・ネット株式会社と日本企業の海外展開に関する連携協定を締結し、多くの日本企業の現地進出支援を行なってきた豊富な経験。
  • バングラデシュの財閥、行政機関との強固なネットワーク
    バングラデシュのコンサル会社NewVision Solutionsと日本企業の現地展開に関する連携協定を締結し、多くの日本企業の現地進出支援を行なってきた豊富な経験。

産官学金の架け橋としての豊富な実務経験

  • 産、金
    三井住友銀行に15年半勤務し(最終職位:本店営業第一部上席部長代理)、上場企業の経営、財務戦略提案や、国内外のM&A業務に従事してきた豊富な経験。

  • 環境省中央環境審議会臨時委員や、総務省地域活性化委員等、多くの行政委員を歴任し、第三次循環型社会形成推進基本計画(環境省)や、地域経済循環創造事業交付金(総務省)等、我が国の政策に対する助言を行なってきた豊富な経験。

  • 立教大学大学院(2009年9月~2014年9月)のほか、多摩大学(現職)や事業構想大学院大学(現職)の教員として起業家育成教育や新規プロジェクトの企画支援を行なう等、国内外の実務者および研究者との強固なネットワーク。

最新のコラム

マーケティング3.0は、アジアの価値観

2014年12月10日から11日の2日間に渡り、インドネシアのジャカルタでKELLOGG INNOVATION NETWORK主催のASEAN FORUM 2014が開催された。このフォーラムのテーマは…

記事を読む

商店街の役割は終わっているのか?

「商店街の役割は終わっているのか?」 なんとも衝撃的なタイトルだが、これは中小企業庁の地域商店街活性化事業に採択された、群馬県藤岡市にある藤岡市中央…

記事を読む

ポジティブで共感を促す魔法の言葉

2014年9月22日、山陰合同銀行が事務局を務め、私自身もアドバイザーとして参加している森林を守ろう!山陰ネットワーク会議でご縁をいただいた認定NPO緑と水の…

記事を読む

オンリーワンとナンバーワン

6月から10月まで毎週1回、企業、メディア、広告代理店と連携し、プライベートのゼミを開講している。 テーマは、リアルな企業戦略でもあり、マーケティング戦…

記事を読む

一覧を見る 

代表者略歴

見山 謙一郎(みやま けんいちろう

昭和42年8月10日 埼玉県出身

経歴

平成2年3月
立教大学法学部法学科卒業(体育会準硬式野球部)
平成2年4月
住友銀行(現三井住友銀行)入行
平成9年10月
住友銀行東京営業本部東京営業第二部部長代理
平成16年7月
三井住友銀行本店営業第一部上席部長代理
平成17年3月
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 ビジネスデザイン専攻修了(経営学修士 MBA)
平成17年10月
三井住友銀行退職
平成17年11月
有限責任中間法人APバンク(ap bank)理事COO就任
平成21年1月
有限責任中間法人APバンク(ap bank)理事COO退任
平成21年2月
株式会社フィールド・デザイン・ネットワークス設立
代表取締役CEO就任
平成21年4月
多摩大学情報経営学部 非常勤講師
平成21年10月
立教大学大学院 特任准教授(~平成26年9月末)
平成25年3月
Asian Future Limited.(Bangladesh) 設立、会長就任
平成26年4月
Northern University(Bangladesh) 客員教授
平成27年4月
事業構想大学院大学 客員教授
平成28年4月
事業構想大学院大学 特任教授
多摩大学経営情報学部 客員教授

公職歴

平成18年度
環境省「エコ・コミュニティ事業」選定評価委員
平成19年度
環境省「エコ・コミュニティ事業」選定評価委
環境省「コミュニティ・ファンド等を通じた環境保全運動支援促進事業」選定評価委員
環境省「めざせ!1人、1日、1kg CO2削減アイデア公募事業」審査員
平成20年度
環境省「循環型社会地域支援事業」審査委員会委員
環境省「コミュニティ・ファンド等を通じた環境保全運動支援促進事業」選定評価委員(リーダー)
環境省「コミュニティ・ファンドのあり方検討会」委員
平成21年度
環境省「循環型社会地域支援事業」選定評価委員
環境省「環境ビジネス市場規模・雇用規模調査に係る環境ビジネス(製品・サービス)検討委員会」委員
平成22年度
環境省「循環型社会地域支援事業」審査委員会委員
環境省「環境産業市場規模検討会」委員
環境省「リデュース・リユースを重視した3R強化・促進事業」有識者等意見交換会委員(座長)
平成23年度
環境省「中央環境審議会」 臨時委員(循環型社会計画部会)
環境省「環境産業市場規模検討会」委員
平成24年度
環境省「中央環境審議会」 臨時委員(循環型社会計画部会)
総務省「緑の分権改革推進モデル類型化に関する研究会」委員
平成25年度
環境省「中央環境審議会」 臨時委員(循環型社会部会)
東京都「八丈島再生可能エネルギー利用拡大検討委員会」委員
平成26年度
環境省「中央環境審議会」 臨時委員(循環型社会部会)
東京都「八丈島再生可能エネルギー利用拡大検討委員会」委員
独立行政法人環境再生保全機構「地球環境基金評価専門委員会」委員
平成27年度
環境省「中央環境審議会」 臨時委員(循環型社会部会)
独立行政法人環境再生保全機構「地球環境基金評価専門委員会」委員
平成28年度
環境省「中央環境審議会」 臨時委員(循環型社会部会)
独立行政法人環境再生保全機構「地球環境基金評価専門委員会」委員
中央環境審議会 循環型社会部会「廃棄物処理制度専門委員会」委員

代表メッセージ

なぜ、起業したのだろうか?
この会社の存在意義は何なのだろうか?

今回、このHPのリニューアルにあわせ、あらためて起業の原点を見つめ直してみました。

「環境ビジネス」の事業支援から始まった弊社の事業は、その後
「地域活性化」「新興国、開発途上国への事業展開支援」へと領域を拡げてきました。

これら3つの事業領域は、一見バラバラに見えるかもしれませんが、私の中では
「日本や地域の持つ固有の資源、持ち味を世界的視野で発信し、発展させていく」という点で、しっかりと繋がっています。
いずれも21世紀の新たな課題領域であり、新たな思考発想力が求められる分野です。

「環境ビジネス」では、化石燃料等の資源制約のある日本だからこそ、そして自身を自然環境の一部と捉える感性を持つ日本人だからこその価値提供、

「地域活性化」では、未だ十分に発信され尽くされていない地域だからこその大いなる可能性、

「新興国、開発途上国への展開」においては、第二次世界大戦やその後の自然災害から経済を復興させてきた、開発途上国と同じ目線に立ち、現地に寄り添える日本だからこそ、
新たな時代のビジネスを創造できる可能性を秘めていると思います。

そして、これらの活動が閉塞感漂う日本や地域の現状を打破するきっかけになると確信しています。

三井住友銀行に15年半勤務し日本経済の第一線で金融とビジネスを学び、その後ap bankで日本を代表するアーティストの発想力を目の当たりにした、そんな経験に育まれた「スーパーポジティブ思考で、時代の少しだけ先を行く」「右脳で構想し、左脳で設計する“デザイン思考”を持つ」弊社の特色が、これらの分野で必ずや生かせるものと確信しています。

ビジネスにもっと想像力を!

 

2014年9月1日
株式会社フィールド・デザイン・ネットワークス
代表取締役CEO 見山 謙一郎

会社概要

社名
株式会社フィールド・デザイン・ネットワークス
英文社名
Field Design NetworX co.,Ltd
設立
2009年2月23日
代表者
代表取締役CEO 見山 謙一郎
資本金
1,800,000円
事業内容
  • 環境問題の調査・研究・コンサルティング業務
  • 企業、金融機関、行政機関、教育機関、市民団体等の経営コンサルティング及び経営戦略に関する各種コンサルティング業務及び助言業務
  • 映画、講演、出版、音楽、演劇、演芸、イベントなどの企画、制作並びにその請負または委託とその興行
  • 広告代理店業務
  • 講義、講演会の講師の派遣業
  • 出版物、CD、DVD、もしくはテープ等に関連する製品の企画、制作、販売業務
  • キャラクター商品の企画及び著作権、商標権、意匠権の管理業務
  • 特許権の売買及びその仲介
  • 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業
主要実績

新規プロジェクトの企画支援業務
<環境ビジネス>
株式会社NHKエンタープライズ様
・環境イベント(Save the Future)の企画、立案業務
<新興国、開発途上国ビジネス>
一部上場企業様(製造業、サービス業)
・バングラデシュ進出に関する支援業務
(許認可の獲得、会社設立、現地提携企業の紹介、マーケティング調査等)
<地域活性化>
秋田県にかほ市様
・平成24~26年度新産業創出プロジェクトの構築及び推進にかかる支援業務
地域金融機関様
・地域活性化を志向した、インバウンドの為の地域企業の海外展開支援

新興国、開発途上国進出支援業務
外務省様
・平成24年度政府開発援助海外協力事業委託費による案件化調査における企画支援補強業務(株式会社ユーグレナ様)

環境ビジネス支援業務
環境ベンチャー企業様
・経営およびマーケティング戦略の企画、支援業務
環境省様

・平成22年度環境情報戦略による効果的な情報発信手法の検討調査業務

地域活性化支援業務
株式会社山陰合同銀行様
・地域のNPOとの連携に関する企画支援業務
一般社団法人全国地方銀行協会様
・地方銀行行員向け研修の企画、研修業務

メディア掲載

新聞

・2013/09/30 Fuji Sankei Business  i 「クラウンド・ファンディング拡大の動き」有識者コメント

・2012/10./02-10/06毎日新聞「時代を駆ける 見山 謙一郎(1)-(5)」

・2010/01/19 毎日新聞「夢を紡ぐ-9-見山 謙一郎」

・2009/12/15朝日小学生新聞「ごみ問題と資源問題を一挙解決

・2008/05/19朝日新聞「けいざい一話 金融の「原点」追及」

テレビ

・2014/06/15  フジテレビ「新報道2001」なぜ今“渋沢栄一”なのか?有識者コメント

・2009/09/23 BSフジ「プライムニュース」 環境ビジネス コメンテーター

講演

・2014/12/10  “Japanese sense of worth”KELLOGG INNOVATION NETWORK ASEAN FORUM 2014 ,Jakarta(Indonesia)

・2014/06/23 「リバース・シンキングから、スーパー・ポジティブへ~本田圭介と起業家思考」 第52回マーケティングフォーラム,公益社団法人日本マーケティング協会

・2013/09/23  “Japanese Marketing Strategy for Consumer Electronics & Automobile and their implications on Bangladesh”Academic forum for Japanese Marketing Strategy ,BRAC University(Bangladesh)

・2013/02/26 「先の見えない時代の経営戦略」 第45回マーケティングフォーラム, 公益社団法人日本マーケティング協会

・2012/06/16 「BOPビジネスの現状と課題~バングラデシュの事例からの考察」 BOPビジネスフォーラム, ビジネスデザイン立教会

・2011/11/21 “Background of Japanese companies and business”Academicforum for Japanese corporation, BRAC University(Bangladesh)

著書

・2009/09/08-2010/12/18 「元銀行マンの准教授が語る『腹に落ちる』環境学」 ダイヤモンドオンライン

・2008/11/12-2009/06/24 「この『環境ビジネス』をブックマークせよ!」 ダイヤモンドオンライン

専門誌

・2015/02「日本の若者は、本当に内向きなのか 公益社団法人日本マーケティング協会,マーケティングホライズン№679

・2015/01「ASEAN FORUM 2014@JAKARTA」 公益社団法人日本マーケティング協会,マーケティングホライズン№678

・2014/05「リバース・シンキングから、スーパー・ポジティブへ」 公益社団法人日本マーケティング協会,マーケティングホライズン№670

・2014/03「世代の違いによる『空気』の捉え方、『さとり』と『悟り』~消費増税からの一考」 公益社団法人日本マーケティング協会,マーケティングホライズン№668

・2014/03「銀行と経済、社会とのかかわりについての一考」 中央経済社, 旬刊経理情報№1374

・2014/01「デリート(Delete)教授」 公益社団法人日本マーケティング協会, マーケティングホライズン№666

・2013/10「案件発掘の『目利き力』に期待」銀行研修社, 銀行実務第43巻第10号

・2013/07「次世代のマーケティングキーワード~History & Story」 公益社団法人日本マーケティング協会, マーケティングホライズン№660

・2013/02「“場”の推進 新産業創出プロジェクト(秋田県にかほ市)」 公益社団法人日本マーケティング協会, マーケティングホライズン№655

・2012/01『BOPビジネス』という言葉をご存知だろうか? 株式会社ぶぎん地域経済研究所, ぶぎんレポート№154

・2011/12「学生にCSRをどう教えるか?」 社団法人日本マーケティング協会, マーケティングホライズン№641

・2011/11「『今どきの学生』×『わら草履』」 社団法人日本マーケティング協会, マーケティングホライズン№640

論文

・2014/04国、自治体と金融機関との連携による地域活性化-地域の自立的発展と金融の役割の考察- 一般財団法人地域活性化センター,地域づくり2014年4月号

・2010/01「地域金融機関としての信用金庫に期待すること-グラミン銀行の事例を参考にして-」 社団法人全国信用金庫協会, 信用金庫第64巻第1号

・2008/12「農業、林業の未来のためにいますべきこと-NPOバンクの取り組みからの考察-」 社団法人環境情報科学センター, 環境情報科学37-4

・2008/03「戦略的な融資で公益を追求するNPOバンク」 社団法人金融財政事情研究会, 週刊金融財政事情 第59巻第10号

・2008/02「“志”をつなぐ事が金融の役割-現実の社会問題に対応した資金循環を-」 金融ジャーナル社, 月刊金融ジャーナル 第49巻第2号

・2005/08「我が国素材型産業の国際競争戦略-アーキテクチャ論を用いた、我が国素材型産業のポジショニング戦略について-」  立教大学大学院ビジネスデザイン研究科, 立教大学ビジネスデザイン研究 第2号

その他

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

*講演のお問い合わせは、ダイヤモンドビジネスタレント.comまでお願い致します。

ダイヤモンド・ビジネスタレント